プロアクティブが直伝する

暗号通貨の重要な管理方法
null

意外と忘れやすいポイント

暗号通貨の管理方法は、わかっているようで抜けていることも多いものです。

ぜひこの機会にチェックしてみて下さい。

そしてもし、疑問点などがございましたら、お気軽にご連絡ください。

1.暗号通貨を一か所で管理しない

取引所やウォレットは分散管理が基本になります。
万が一、ハッキングされても災害を最低限に防げる有効な手段

2.出来れば取引所で大きな数字の暗号通貨は管理しない

取引所には沢山の顧客が集まっているので、ハッカーやサイバー攻撃には一番狙われやすい為、売り買い以外の暗号通貨の管理を取引所では行わない。
(第二のマウントゴックス事件に巻き込まれない為に)

3.ウォレットも複数所有して分散させる

信頼できるウォレットも種類を分けて管理すると、よりセキュリティ度は高くなる

4.2段階認証は必ず設定すること

面倒くさがらず、少しでもセキュリティ度を高くするためには必須な対策

5.パスワードやIDやバックアップデータは、オフラインで管理すること

大切な情報はペーパーに書き出したり、パスワード付きのUSBメモリーで管理する事は最低限必要な対策

6.大きな数字の暗号通貨はハードウォレットで管理する

専用の端末に暗号通貨を保管する方法で、基本的には長期的な保管用であり、オフライン環境下で保存することが可能であるため、ペーパーウォレットと並んでセキュリティに優れています。パスワードその他認証システムによって厳重に保護されているため、ペーパーウォレットよりも安全であるとも考えられます。PCやスマホに接続すれば簡単に使用できる利便性も備えています。

7.メールデータの中

メールデータの中にウォレットデータは残さないこと

ビットコインに関する管理方法の参考リンク

https://jpbitcoin.com/wallets