オーブスの概要

オーブスのプラットフォームは、世界で使われているアプリケーション向けのブロックチェーンのインフラストラクチャ(IaaS=アイアース)です。

ここで出てくるIaaS(アイアース)は聞きなれない言葉かと思います。

IaaS(アイアース)とは、本来、ホームページなどのシステムを作る場合に購入しなければならなかった「サーバー」や「専用ソフト」を不要にしオンラインでのレンタルサービスという形で提供するステムの事を言います。

ハードウェア「サーバー、ストレージ、ネットワーク」を事業者が提供している「レンタルサーバー」をイメージしていただくと、分かりやすいかとおもいます。

オーブスはアマゾンウェブサービスのような中央集権型のサービスと同じ方法で、分散型アプリケーションのインフラストラクチャを提供するものです。

2020年までに「全ての支払い、ソーシャル(SNS)、アドテクノロジー(広告配信)、ゲーム」などにおけるサービス利用者に向けて最先端のアプリケーションを作って分散型のサービス提供をするという事です。

かなり壮大な規模の構想ですが、実現するとものすごいことになるでしょう。

しかしあと2年…仮想通貨が普通に使われだすのは2025年くらいだと私は思っているのですが、いまの技術の進歩は早いので、スピードに期待ですね。

ORBS(オーブス)とKin(キン)の関係性

オーブスは元々「CoinTree」のメンバーによって設立された次世代のブロックチェーンプロジェクトです。

「CoinTree」のチームはKinのトークン配布イベントの時、アドバイザーとして協力した経験があります。

Kin(キン)は2017年9月12日に公開された仮想通貨です。
この通貨はカナダの大手メッセージアプリの会社が発行しており日本でも一時期、有名になりました。

今現在は、テルアビブの同じオフィススペースにKin(キン)とOrbs(オーブス)のブロックチェーンチームを配置しているそうです。
Orbsチームと協力し合うことによって、Kinが求めているスケーラビリティ、メインストリームのデジタルサービスの抱えている問題を解決する事にもなるようですね。

プロアクティブならではの強み

経験豊富なプロフェッショナル「プロアクティブ」が
協力にバックアップいたします。

現地情報を日本語で解説

現地でのみ手に入る貴重な情報を日本語で解説いたします。

現地調査能力

まずは、現地へ飛び、現地担当と英語で質問し、調べに調べてからお客様へご提案しています。

365日問い合わせ

いつでも問い合わせいただけるように、365日メールもチェックしご質問を受け付けております。

迅速対応

一刻も早く不安点を払拭していただくために迅速に対応いたします。

期待できるリターン

厳選した投資案件ですので、投資額に見合ったリターンを大いに期待できます。

実績を公開

これまでの実績をお問い合わせいただいたお客様へ公開しています。

無料相談はいますぐ