香港オフショアファンド投資~質問の回答2

今回は海外資産運用に関する質問についてお答えしていきたいと思います。

非常に簡単な質問ですが、日本国内の金融機関で海外の株式ファンドも扱っていますが、これも海外投資ですかという質問があります。これに対する回答は我々のいう海外の資産を使った海外投資というのとちょっと違います。

何が違うかといいますと、こちらは日本の金融機関で銀行証券会社が募集して、まず、その注文が日本国内の証券リーダーに行きます。それが更に、我々の住んでいる香港、シンガポールその他というオフショアにある金融機関に注文が行くという形です。

あくまでも注文が直接海外のほうに飛んでいるわけじゃないです。日本でまず販売の窓口があって、そしてリーディング、リーディングといっても注文を海外に出すだけですが、そういった二つの中間の期間があるというのが大きい違いです。

これにより、お客さんのパフォーマンスが実際元となる海外ファンドのほうは、仮に10%の運用利回りが出たとしても、大体日本国内だと半分目減りしてしまいます。更に、日本円ベースで運用される場合は、今後をますます戻ってきた時の円安のデメリットがありますので、その辺注意して、海外投資のほうをご検討いただければと思います。

以上、海外資産運用に関する質問について答えていました。ありがとうございます。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。