海外資産運用~質問の回答

今回は海外資産運用の質問について答えていきたいと思います。

ファンドの所有者がお無くなりになった場合は、どうしたらいいかといいますと、できれば事前に共同名義、要するに一人の名義じゃなくて、奥さんとか、子供とか、二人の名義で購入するというのが一つの方法です。もしくは、海外で法人を作って会社の名義で契約することによって、万が一ファンドの購入者がお無くになりになった場合でも、スムーズに解決する方法があります。ただ、こういった対策をしてなくて、万が一のことがあった場合は、これは少々面倒なことになります。やはり日本だけじゃなくて、海外の弁護士を使って、当然死亡診断書とか、その他、公職役場の認証なども必要になります。いろいろなドキュメントの取り揃えが英語で揃う必要があったりして、非常に煩雑になります。こういったこともありますので、冒頭に申しましたように、共同名義か法人名義で契約されることをお勧めしております。

もしくは、ファンドだったり、株だったり、債権その他EDF、こういったものをラップ口座、生命保険の口座を使って買うことができます。

この場合、万が一、ファンドを所有する方に万が一のことがあった時、保険金として支払われますので、こちらも一つの事前の対策ではないかと思います。

以上、海外資産運用海外資産運用質問について答えていました。ありがとうございます。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。