海外資産運用~ランドバンキング

今回は海外資産運用とランドバンキングについて考えてみたいと思います。

我々が知っているランドバンキングというのはカナダもしくはアメリカの二つに集中してやっていますが、やはりカナダなので、当然カナダドルベース、あるいは、アメリカの場合はアメリカドルベースというのは大きい違いです。

また、アメリカの場合は最近人口増が非常に進んでいまして、カナダもそうですが、プロジェクトの数が非常に多いです。そういう意味で、数年前のカナダのプロジェクトは少し多かったですが、現在はアメリカのプロジェクトのほうがほとんど大半だと思います。あと、最終的に、ランドバンキングというのは、売却して、デベロッパーもしくは期間投資家に売って、投資家はリターンを得るので、その時の税率が必ずかかります。アメリカとカナダの税率だと、アメリカの場合だと州政府またまちまちですが、一般的には、カナダよりアメリカのほうがキャピタル原因の課税が安いというふうに言われています。

以上、海外資産運用とランドバンキングについて考えていました。ありがとうございます。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。