海外投資プライベートバンキングについて

今回は海外投資プライベートバンキングについてお話ししたいと思います。

 

プライベートバンキングというのは以前から、いわゆる顧客情報の死守性です。いろいろなあそこで口座を開設した方の個人情報、その他、そういったものをしっかり守るということが売り点です。

 

昔は、ヨーロッパだけではなく、北米アメリカそういった方々が使われたものですが、最近はアメリカを中心とした地域で中で、いろいろ各国から情報を交換しましょうということで、その対象はプライベートバンキングもなっているというのに一般的には言われています。

 

ただし、一般の銀行のように政府の金融庁その他そういったところを通じて、個人情報の開示といっても、それは犯罪者、いわゆるテロリストを含めた麻薬取引、その他不審な取引があるのではないかという証明をちゃんと出さなければなりません。そのため、一般的な銀行も含めて情報開示は基本的にはないと思います。

 

ただし、一般の銀行はいろいろな政府との絡みが大きいので、やはり業務停止になっていろいろ政府の方から意地悪されないように多少出てしまう銀行も存在するとおもいます。

 

今回の議題通り、プライベートバンキングそういったものは基本的に、いわゆる誰の口座にどう言う口座番号でいくらどこからどういう目的でいつ送金されたそういった子も買い情報を調査する側が持ってなければ、その詳細をプライベートバンキングが出さないということをここ直近2015年3月現在でも担当がいっております。担当というのはこちら香港のあるのプライベートバンキングの対象です。こちらが完全にいわゆる守らなければ確かにプライベートバンキングの優位性はないと思いますが、私自身はまだまだプライベートバンキングを活用する優位性は秘守義務という意味でもあると思います。

 

しかし、やはり最低でもそちらの銀行で取引する金額は日本円で言うと1億ぐらいをするということが基本になっています。

 

以上は海外投資プライベートバンキングについて考えておりました。

ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。