私のポートフォリオとランドバンキング

今回は私の投資ポートフォリオをランドバンキングについてお話をしたいと思います。

ランドバンキングというのは未開発の土地を1個人が買うというのはなかなか投資金額が大きくなりますので、ランドバンキング会社というのは、未開発の土地を3年から5年以上買っていいかどうかについて調査をした後、まず買い取って、買い取った土地を州政府と一緒に都市開発していって、最終的にはエグジットという形でデベロッパーであったり、またこのランキング会社がそのまま買ってくれるパターンであったり、銀行であったりする(投資銀行とか)そう言った機関投資家に売却して、いわゆる土地の値段が非常に安いときに購入して、エグジットするときには一気に土地の値段が上がるという投資を使用しております。

私自身はアメリカとカナダこの2箇所に絞ってやっております。理由はあります。カンボジアであったり、フィリピンであったり、いろいろなところでランドバンキングという話はあります。やはりランドバンキングということに関して、非常に法律であったり、正式的な要素、そう言ったものの安定性がないと非常に投資した場合でそのまま未開発の状況をずっと続いて何の価値もありません。もしくは自分の名義で買ったはずなのに自分の名前が出せない様子に外国人が土地を買えない国も結構あるんです。

そう言ったものもありますので、私は安全なアメリカとカナダに集中して未開発の土地を買っております。

以上私のポートフォリオをランドバンキングについて考えておりました。
どうもご清聴ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。