投資に関する考え方について

今回は私の投資ポートフォリオを投資に関する考え方についてお話をしたいと思います。

1つ目は、やはり投資というものは、切れ音ではなくゼロサムゲーム、いわゆるパイの組合です。株式市場であれば、勝つものもいれば負ける方もいるという現実があります。これがすべてとは言えません。

2番目は、やはりその情報格差です。情報は角度のいい情報です。やはり新聞とか、ニュースとか、ラジオとかそう言ったメディアの情報ではないです。正しい情報は勝てる投資家が持っている情報です。そう言ったものをもつと、もしくはなければそしてグループに入るのは一番いいだと思います。

3番目は、自分自身がどうするんで、他人のせいにしないということです。私が以前はそうだったのですが、ある情報をいただいてそれに株を買って失敗したとか、それも買うか買わないか自分で判断できるので、自分が決めたことは自分でちゃんと血を持ちましょうということは重要だと思います。

4番目は、投資は短期的なものなのか、やはり中長期的なものが多いです。選んでもしくは選別して、バランスよく投資しましょうということがあります。

次に、今私自身もそうなんです。毎月でも毎年でも確実に入る家賃収入であったり、各ファンドの配当であったり、FXはリスクがあるですが、そう言ったものもやはり安定して運用できています。それもリスクを取り上げれば、1つの安定収入として私は考えております。

以上私のポートフォリオを投資に関する考え方について考えておりました。
どうもご清聴ありがとうございました。

 

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。