プライベートバンクの情報開示について

今回はプライベートバンクの情報開示についてお話をしたいと思います。

プライベートバンクというのは、以前から顧客情報を、他の国から圧力があったとしても情報開示しないということが売りだったのです。

今年、アメリカを中心としたその他の国のG20からの圧力があり、ケースバイケースと思うのですが、顧客の情報公開をし、口座があるかどうかということをちょっと出してしまうプライベートバンクと言うのが増えていると言われています。

ただし、私が付き合いしているプライベートバンクに確認したところ、もちろん何もわからない中で情報を開示しているわけではなく、あくまでも問い合わせ先が、

お客さんのフルーネームとその銀行にいくら、どういう目的でお金を入れたとかそういう証拠がないと情報開示しません。

そう言ったデリケートな内容などプライベートバンクの最新情報について必要な方は、その都度私にご確認いただければと思います。

以上、プライベートバンクの情報開示について考えてみました。
どうもご清聴ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。