プライベートバンクの最低預かり金額について

今回は私の投資ポートフォリオをプライベートバンクの最低預かり金額についてお話をしたいと思います。

以前このトピックに近い話題もあったのですが、いわゆるプライベートバンクは最低預かり金額に対して一般の銀行に比べたことがあります。どんなに少なくても日本で言うと3000万円以上というふうに歌っているところがいくつがあります。

スイスであったり、そういうところになりますと、最低1億円というのは1つの基準で、ただ彼らは円にたいしてというわけではなく、大体ベードル単位で、提示しておきます。

あと、一般的に預かり金額が少ないときに、彼らも何かで収益を上げないといけないので、積極的に扱い資産に対して運用をしませんという積極的な営業をかけています。

ただし、従来の型のプライベートバンクは実はそんなに営業をかけてきて、積極的に運用し、リスクをとってしましょうということはあまりできません。その分で預かり金額を高めに設定して、こちらの預かり資産に対して信託報酬とか、そういう管理手数料で収益を上げるという構造になっております。

以上私のポートフォリオをプライベートバンクの最低預かり金額について考えておりました。
どうもご清聴ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。