プライベートバンクの一任勘定について

今回は私の投資ポートフォリオをプライベートバンクの一任勘定についてお話をしたいと思います。

皆さんは一任勘定という言葉はご存知でしょうか。いわゆる一任勘定という口座、ラップ口座とかいわれます。そういったところに資産、現金を入れて、あとはお客さんからそう言ったリスクはどれぐらい取れるのかとか、どういったこと、分野に興味があるかどうか、あとは短期であるのか、中長期であるのか、そう言った話を聞いてお客さんの要望にあった、その運用にただ何か金融商品を売るのではないそう言った形の運用方法があります。

プライベートバンクだから、特段にそのままに見回りがいいとかというのは私は考えています。ただし、やはりある程度まとまった金額があるとそれだけいろいろな投資にし、分散、もしくは独自商品を作り変えるということもできますので、そう言った資産があるかたをプライベートバンクの一任勘定ということもひとつの投資選択しになるではないかと思います。

以上私のポートフォリオをプライベートバンクの一任勘定について考えておりました。
どうもご清聴ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。