プライベートバンクの手数料について

今回は私の投資ポートフォリオをプライベートバンクの手数料についてお話をしたいと思います。

プライベートバンクは資産預かり残高が約日本円で一億円以上という方を対称にしていますので、その責任以上だとからさまざまな管理コストがかかっている以上、いろいろな信託手数料だとか、管理手数料だけではなく、トレーニングをする場合、手数料なんかもいわゆるネットバンキング、たとえばそう言ったネット証券だったりすることに比べると、格段に手数料が高いです。ただそれを比べて使う人があまりそのお客さんのそうではありません。

そう言った意味で、分けてたとえばネットバンキングの資産とプライベートバンキングの資産を分ける方というのもちょっとしたらあるではないかと思います。

以上私のポートフォリオをプライベートバンクの手数料について考えておりました。
どうもご清聴ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。