プライベートバンクの比較について

今回は私の投資ポートフォリオをプライベートバンクの比較についてお話をしたいと思います。

プライベートバンクは日本で、たとえばプライベートバンク銀行系、証券会社系とか何々プライベートバンキングサービスでもあります。実はわれわれが行っているのはそう言ったプライベートバンキングサービスではなく、昔欧州のほう、今有名であるのはスイスであるとかそう言った国々で大昔からある貴族の方とかそう言った方々の資産を守っていくというサービスをしているとことがあるんですが、そういったところは無限責任という形で運営しまして、不特定多数の銀行口座を集めるわけではありません。本当の一分の富裕層の方が中心になってあくまでも無限責任で運用しているというプライベートバンキングやプライベートバンクがまずひとつあります。

後は、いわゆる一般的によく聞くプライベートバンクは有限責任、いわゆるカンパニーリミテーション形で運営していることがありまして、そう言ったことは普通にコマーシャル町とかで看板に書けたり、場合によってはテレビとかコマーシャルがるとおもいます。

そう言ったところで、大体見にマグのいわゆる運用額というかそちらの口座へ取引額を送っては少ないところで3千万円ぐらいからといっているんですが、大体1億円以上です。1億円以上の取引をさせてくださいということを要望しているかと思います。

先ほど申しました無限責任のプライベートバンクのサービスでは、少なくとも5億円の取引金額ではないと、なかなか鋼材を開設していただきません。

以上私のポートフォリオをプライベートバンクの比較について考えておりました。
どうもご清聴ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。