海外資産香港とシンガポールの違い

今回私は海外資産香港とシンガポールの違いについてお話したいと思います。

香港とシンガポールの税制が似ていますが、細かい違いがあります。例えば、香港の消費税はゼロですが、シンガポールは現在5%です。そういう税金の細かい違いがあります。
それから、住みやすさもよく移住組の人に聞かれます。これは人によって違いますが、香港は中国に近くて、中国からの観光客が多いので、非常に本土の人が多いです。そういった意味で言葉として香港の昔からの地場の言葉である広東語以外も北京語が通じます。シンガポールでは同じく北京語も通じるかもしれませんが、やはり公用語は英語なので、英語は得意な人は香港よりシンガポールのほうが最初に生活しやすいかもしれないです。

後は、お子さんがいる方に対して教育の問題です。香港の教育は北京語中心で行われる現状にあります。シンガポールは公用語が英語なので、英語で授業します。その後、シンガポール以外の国に留学する時に非常にスムーズに行くのではないかと思います。もちろん、香港の学校でも当然英語教育はやりますので、私の友人なんかも、カナダだったり、オーストラリアだったり、イギリスだったり、いろんな所に留学していますので、彼らの英語は僕より完全に格上です。そういった意味で、何に目的を置くのかということによってどちらが住みやすいかということはあると思います。

以上私の海外資産香港とシンガポールの違いについて考えておりました。どうもご清聴ありがとうございました。
 

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。