海外資産運用と口座開設の解説

今回は海外資産と口座開設の解説について考えたいと思います。

口座開設の中で、今回は個人のことについてお話したいと思います。私の住んでいる香港でも、口座開設とくに外国人の口座開設が去年あたりに比べると非常に審査が厳しくなっています。とくに日本人というわけではないですが。銀行の行員はコミュニケーション、英語もしくは中国語、中国部門は北京語でも広東語でもいいんですが、いわゆる行員とのコミュニケーションができないと、口座開設では非常に障害になります。当然です。仮に口座開設ができたといっても、その後いろいろ何かトラブルが起きたときに、メールでも、電話でも、自分自身で解決する基本的なことができないと、仮に開設ができたとしても、ご自身が困ると思います。

そういった意味で、誰か友達が口座作ろうよとか、そういった軽い乗りで、海外で口座を作るのがあまりお勧めしません。作る以上は、真剣に考えて、最低限の中学英語でも大丈夫です。しっかり行員と基本的な会話ができれば、棒読みでも結構です。とにかく、伝えようとする気持ちがあれば、口座開設はできるかと思います。問題は開設した後です。そういったことを考えて、海外資産、香港しかり、シンガポールでもどこでもいいんですが、銀行口座開設すんなりして運用していただければと思います。

以上、海外資産と銀行口座開設について考えました。あり

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。