海外資産運用~相続手続き

今回は海外資産と相続手続きについて考えてみたいと思います。

海外の資産となりますと、日本国内の資産と違って、万が一その持ち主に万が一のことがあった場合に手続きするにあたり、日本の司法書士、弁護士以外もその資産のある国の弁護士を通じて手続きを行わなければいけないので、弁護士使用のコストも上がりますし、手続きもまた時間が長くなります。

そういったことをも考えまして、例えば、銀行であるとか、証券会社であるとか、そういったところで現金、預金、株、債権その他を管理するような仕組みを作らないといけないと思います。普通に日本にいると、同じように個人名義で普通に管理していると、万が一のことがあった場合いに、ご家族の方が非常に煩雑な手続きをしないといけないということになります。

その対策の一つに、全部というわけじゃないですが、資産を増やしながら、万が一の場合も手続きをスムーズに行く海外の純粋な生命保険を我々は推奨しております。

以上、海外資産と相続手続きについて考えてみました。ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。