海外資産運用~破産を徹底的

今回は海外資産と破産について考えてみたいと思います。

皆さんは自己破産ということに将来自分がなるというふうに思うことはまずないと思いますが、仮に自分自身が破産した場合、もしくは債権者に追われてしまった場合、こういった場合で海外資産はどうなってしまうかというふうに思われる方もおられると思います。

当然ですね、破産した方、または債権者に追われている方の名義で海外に資産をおいている場合、銀行口座であるとか、証券口座であるとか、おいている場合は当然同じように債権者であるとか、破産会社の債人のほうに、全部データが自己申告になるとは思いますが、対象になります。

当然ですね。自分の名義でなっていない海外資産、具体的に言いますと、生命保険を使ったスキー具で解約しない場合、ずっと生命保険会社の名義で管理されていますので、例えば、債権者がその資産を差し押さえるとしても、なかなか法的な手続きが煩雑になります。よほどな巨額な金額でない限り、こういった資金というのは抑えられないというふうに言われています。そういった方は海外資産を万が一自分自身が破産してしまった場合でも、把握されないというか、抑えられないという方法が実際あります。

以上、海外資産と破産について考えてみました。ありがとうございました。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。