海外ファンドの税金について

海外ファンドの税金は、積立なのか、一括なのか、積立でも保険のありなしか、でも異なります。
不動産かそれ以外かでも、海外ファンドの税金には違いが出てくるのでより具体的な内容で理解する必要があります。

さらに、海外ファンドの税金は税務署によって見解がことなります。
提携している国際税務に精通した税理士事務所をご紹介しています。

海外ファンドの税金について、運用しているオフショアエリア(香港やシンガポールなど)ではキャピタルゲイン課税はありません。つまり、海外ファンドを売却して、その国での税金はほぼ無税がほとんどです。

ただし、投資した人(契約者)の住んでいる場所によって海外ファンドの税金がかかる場合があります。
そのため、信頼できる国際税務に精通した税理士事務所をご紹介しているので、海外ファンドの税金について不明瞭なところをしっかり相談することをおすすめします。

まずは、海外ファンドの税金について弊社無料相談で、現状をご説明ください。

個人情報を大切に保管し、ひつこい営業などは一切いたしません。